ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
グルメ・クッキング・ハワイで料理つくりにチャレンジ

グルメ・クッキング・ハワイで料理つくりにチャレンジ

2008.02.22

編集部体験レポート

ハワイの現役一流シェフに習う料理教室

01.jpg

 アロハ! カズです。
 冒頭からいきなりエプロン姿の編集長です。今回は編集長と私でこれから注目の料理教室に参加してきました。「グルメ・クッキング・ハワイ」というこの料理教室は、ハワイの現役エグゼクティブ・シェフが講師となり、自宅で作れる人気レシピを教えてくれる、料理好きにはとても興味深い催し物です。これまでは主にアメリカ本土や地元の方向けに5年ほど運営してきましたが、日本の旅行者や在住者向けに、日本語スタッフ付きのツアーを準備中ということで、編集部きっての料理好きである我々が参加してきました。私は取材に集中し、編集長が実際に参加しましたので、その模様をお届けします。  

02.jpg

 午後6時。ちょうどお腹が空いたころに教室は始まりました(実際のツアーはシェフによって開催時間が違うということですので、申し込み時にご確認ください)。場所はホノルル空港近くのショールーム。ケーブルテレビの料理専門チャンネルで見るような、大きなキッチンで料理ができるなんて、それだけでも料理好きにはたまりません。

03.jpg

 今回、私たちに教えてくれたのは、元「サム・チョイ・レストラン」の総料理長、シェフ・エルマーさん。なんとなく俳優のスティーブン・セーガルに似ていますが、映画のアクション並のスピードで仕込みが続きます。

今回のレシピは、

 ウフ(白身魚)のティーリーフ包み
 タイ風グリーンカレー
 バナナのルンピアのキャラメルソースかけ

 この日の参加人数は15名~20名ほど。実際のツアーでも仲間同士で受講できますので、ご夫婦やお友だちなどで一緒に参加されてはいかがでしょうか。

3_.JPG

 まずは1品目のウフ(白身魚)のティーリーフ包みからスタート。時折ユーモアを混ぜながら軽快なテンポでレシピの説明が続きます。なお自分で調理したメニューは最後にみんなで会食します。説明のあと材料を手に取りキッチンへ。

 
01.jpg
02.jpg
 自宅にお客さんを招き、手料理をふるまう編集長の腕はいかに?と見ていましたが、お見事! 最初は怖いほど切れる包丁に驚いていましたが、サクサクと材料を刻んでいきます。そしてあっという間に準備完了。ほかの方はまだまだという時点で、ひとり先に仕上げてしまいました。

 次はタイ風グリーンカレーです。これもお見事という手つきで、あっという間に火が入ります。チキンスープとココナッツミルクの分量もばっちりで、クリーミーなソースがグツグツと煮込んでいきます。

 
03.jpg
04.jpg
 皆さん料理ができあがったところで会食タイムです。このツアーは単に料理を作り食すだけでなく、料理にあったワインを専属コーディネーターが用意してくれます。食前酒に始まり、メニューにピッタリの赤白ワイン、そしてスイートなデザートワインまで様々なテイストを楽しむことができるのです。取材した日はバレンタイン・デーだったので、特別にイチゴのチョコがけというデザートまで用意いただき、満喫してしまいました。
05.jpg
06.jpg
07.jpg
 ということで、編集長の料理の腕に感服しながらの楽しい3時間弱の教室でした。会食を通じて参加者同士で親睦を深めながら、最後はシェフから料理教室の認定証をいただき、とてもいい体験をすることができました。
08.jpg
 これから日本の旅行者や在住者に向けて、より魅力的なツアーに改善していくということなので、料理好きの方は注目ですね。

グルメ・クッキング・ハワイ
日本語翻訳メニュー、レシピ、通訳付きクラス
おひとり様 $165~
HP:http://www.gourmetcookinghawaii.com/pages/japanese.php
日本語でのお問い合わせ
担当:蓼川 治男
メールアドレス:tegami@inshokunet.com
電話:230-7596
※お問い合わせの際に「アロハストリートを見て」とお伝えいただくと、スムーズに回答してくれます。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top