特別企画&レポート記事一覧

【チャット】外国人のダンナと暮らしてます。-出会いについて・その3

外国人の夫を持つ編集部3人のゆるトーク、「出会い」について振り返る最終章。大人の語学留学、そこでの出会い...やっぱりfacebookはすごい!?

2016年07月06日

このチャットに登場する3人


メグミ:ダンナはアメリカ本土からハワイにやってきたアメリカ育ちのアメリカ人。子どもなし。

ヒロヨ:ダンナはアメリカ生まれのペルー人だが、11歳の時にカナダへ家族へ移住。子ども3人(全員オトコ)。

ケイ:ダンナはハワイのオアフ島生まれ日系二世。子どもなし。


● ● ● ●

megumi600_17pt_re.jpg
こんにちは!

kei600_17pt_re.jpg
こんにちは!

Hiroyo600_17pt_re.jpg
にちはー

megumi600_17pt_re.jpg
前回の、ケイちゃんのワイキキでの出会いから、2週間。

kei600_17pt_re.jpg
ついにめぐみさんの番です

megumi600_17pt_re.jpg
2週も間があくと、ぼーっとしますね。

kei600_17pt_re.jpg
楽しみで仕方ありませんでした!

Hiroyo600_17pt_re.jpg
やっとめぐみさんの話に!

megumi600_17pt_re.jpg
はい、今回は私ですね。もう何でも聞いてください。
まな板の上の鯉。

kei600_17pt_re.jpg
たしかめぐみさんもワイキキで出会ったとか!?

megumi600_17pt_re.jpg
そうです。何を隠そう、私もワイキキでの出会いです。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
あ、ワイキキ?

megumi600_17pt_re.jpg
そう、なんだかんだでワイキキ(笑)

Hiroyo600_17pt_re.jpg
どうやって?

kei600_17pt_re.jpg
なにがきっかけですか?

megumi600_17pt_re.jpg
ええと、私、アロハストリートで働く前に、3カ月ぐらい、短期の語学留学でハワイに来ていたんですよ。
ワイキキにある学生だけが住めるコンドミニアムがあって、私は住んでいないのですが友だちが住んでいて、
それでよく遊びに行ってたのね。

kei600_17pt_re.jpg
ふむふむ

megumi600_17pt_re.jpg
で、そのコンドミニアムの受付けをしていたのが、彼だったのです。

kei600_17pt_re.jpg
きゃ〜

Hiroyo600_17pt_re.jpg
受付?

megumi600_17pt_re.jpg
フロントデスクみたいな。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
なるほどー。でも何かしゃべるきっかけがあったんですか?

megumi600_17pt_re.jpg
うん、彼がもうスーパーナイスな人だったのです。
あ、ナイスって、親切って意味です。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
うん、やさしそうですもんねー。

kei600_17pt_re.jpg
どんなとこで親切さを感じたんですか?

megumi600_17pt_re.jpg
私は、クレイグスリストで原付きバイクを買おうとしていて、
7年前ぐらいだったので、iPhoneとかスマホも持っていなく、
地図を見て場所を探さなきゃいけなくて。
そのコンドミニアムのロビーで、
「ここらへんじゃない?」とか言いながら地図を見ていたら、
彼が親切にも手伝ってくれた。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
それがきっかけで?

megumi600_17pt_re.jpg
いや、
それは本当に最初のファーストコンタクトがそれってだけで。
まあ、話せば長くなるんですが、

Hiroyo600_17pt_re.jpg
どうぞー

megumi600_17pt_re.jpg
ちょうど留学し初めて1カ月ぐらい経った時期で、
全てが嫌になってたのね。私。

kei600_17pt_re.jpg
え(笑)

Hiroyo600_17pt_re.jpg
嫌に。。何があったのか気になる

megumi600_17pt_re.jpg
これって、わりと「留学あるある」だと思うのですが、
留学先のすべてが嫌になる時期っていうのが、あるんですよ。
全ての留学生がそうじゃないでしょうけれども。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
へー!

kei600_17pt_re.jpg
なるほど...

megumi600_17pt_re.jpg
住んでみて、いろいろ見えてきて、
なんかもうこの国いやだ、この国の人いやだ、そんなことを思うオレが一番いやだ、
もう何もかもが嫌だああああ〜〜〜〜!!!
ってなる時期。

kei600_17pt_re.jpg
一ヶ月でそこまで行っちゃうんですね

Hiroyo600_17pt_re.jpg
そうとうしんどそう。

megumi600_17pt_re.jpg
私の場合、日本での仕事を休業して、3カ月で英語力をネイティブ並にする!と思って来ていたので、
1カ月でそのプランが果たせないことがわかり...(笑)
腐ってきてたっていうのがあるね。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
スゴイ意気込みだったんですね。

megumi600_17pt_re.jpg
どだい無理な話だよね(笑)。今ならわかるんだけど。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
そんな時に旦那さんに?

megumi600_17pt_re.jpg
そう、で、その学生専用コンドミニアムのスタッフたちが、
みんな、すんごーーーーい、意地悪だったのね。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
そりゃ、また落ちるなー。

kei600_17pt_re.jpg
どんなふうに...

megumi600_17pt_re.jpg
私はそこには住んでいなかったんだけど、
そこに住んでいた私の友だち(台湾からの留学生)は
常にトラブルだらけ。
でもスタッフは助けてくれるどころか、話すら聞いてくれない。
「は?なに言るのか意味わかんないなーこのアジア人」っていう態度。
もうその学生専用コンドミニアムがなくなったので、言いたい放題言ってますが(笑)

Hiroyo600_17pt_re.jpg
そりゃなくなりますね。

kei600_17pt_re.jpg
仮にも学生専用ってなってるのに、ひどいですね...

megumi600_17pt_re.jpg
一度、友だちグループで放課後にビーチで遊んでて、
部屋に帰ってきたら、その友だちの部屋に、ラナイの窓から泥棒が入ったことがあったのね。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
ええー!

megumi600_17pt_re.jpg
そこ、3階だったんだけど。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
泥棒すご!

megumi600_17pt_re.jpg
びっくりでしょ。で、なかばパニックになってフロントロビーに降りて、
「泥棒が入ったんだけど、助けて!」って感じで言ったら、
「Call the police」
ひとこと。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
うわ!最悪、なんだそりゃ。

megumi600_17pt_re.jpg
むっちゃ冷たい。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
冷たいってか仕事してない!

kei600_17pt_re.jpg
ひどい!

megumi600_17pt_re.jpg
そりゃ警察には電話するんけども、なんか助けてくれるとか、サポートとか、ないわけ!?
っていう。

kei600_17pt_re.jpg
学生さんの困ったことをお世話するためにいるはずなのに!

megumi600_17pt_re.jpg
助けてもらった試しはない。
みんな目が死んでる感じで。ま、今思えば、彼らもきっとアメリカ本土から来た学生さんとかで、大変だったのかなーと思ったけどね。
生まれてから一度も外国人を見たことない環境で育った人が、いきなりワイキキという人種のるつぼで働くことになったら、しんどいだろうなとは思う。
英語が母国語じゃない人たちに、どう接したらいいかわからないだろうし。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
でも旦那さんはそこのフロントではないんですよね?

megumi600_17pt_re.jpg
いや、彼がまさしくフロント業務だったんですよ。
そんな中、彼だけがスーパーナイスで、親切さが際立って感じられた。
ほかがひどすぎるから(笑)

Hiroyo600_17pt_re.jpg
いやいや、一番まっとうな方だったと。

kei600_17pt_re.jpg
ヒーローですね!

megumi600_17pt_re.jpg
私と友だちは「まさかこんなところに!はきだめにツルじゃ〜」って感じで盛り上がり。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
じゃあメグミさんは最初から好印象だったんですね。

megumi600_17pt_re.jpg
むっちゃ好印象でしたね。でも下心とかじゃなく
「やさしいアメリカ人もいるんだな」って思ったぐらいな感じ。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
そこからどうやって発展したんですか?

megumi600_17pt_re.jpg
その直後ぐらいに、私の友だちは台湾に帰っちゃったので、
私はその学生専用コンドミニアムに行くことはなくなり、
彼とも二度と会うことはなかったのですが、
帰国したその友だちが、facebookで、
「めぐみ!あの親切な彼をfacebookで見つけたから、友だちになりなさい!」
とメッセージが来た。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
すごい!友だち!

kei600_17pt_re.jpg
へ〜〜〜〜!!
まさにキューピッドですね〜

megumi600_17pt_re.jpg
で、私も彼にfacebookでフレンズ申請して、
「あの時に助けてもらったツルです」って感じでメッセージをして

Hiroyo600_17pt_re.jpg
ツル(笑)

megumi600_17pt_re.jpg
私がいかに救われたかを書き綴った。

kei600_17pt_re.jpg
なんか、泣けてきます

Hiroyo600_17pt_re.jpg
思いがあふれてますね。

megumi600_17pt_re.jpg
そしたら「またワイキキに来ることがあったら、遊びにおいで」って感じで言ってくれて
のこのこ遊びに行った、と(笑)

Hiroyo600_17pt_re.jpg
facebookだったんですね。

megumi600_17pt_re.jpg
はい。ザッカーバーグさまさまです。

kei600_17pt_re.jpg
で、遊びに行って、学生コンドミニアムでおしゃべりとか?

megumi600_17pt_re.jpg
彼は勤務中なのであんまり話はできないんだけど
なんか私も手ぶらで行くのもなんだなと思って、お菓子持っていったりとか
なんだかんだ、用事を見つけて会いに行っていたのです。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
じゃあ旦那さんもめぐみさんが最初から気になってたのでは?

megumi600_17pt_re.jpg
いや、彼のほうは、ぜんぜん気になってなかったと思う。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
えーでも、ワイキキおいでとか社交辞令にしても、実際会ってるからまんざらでもなかったのでは?

megumi600_17pt_re.jpg
いや、だってみんなからすごい愛されてたからね。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
愛されキャラ

kei600_17pt_re.jpg
わ〜〜、みんなのアイドルだったんでしょうね

megumi600_17pt_re.jpg
私が会いに行くほんの数分の間にも、女の子からクッキーもらったりとかしてた。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
もてもてですね!

megumi600_17pt_re.jpg
もてもてなことに、後から気づいて、
「あれ、なんだこの人、モテる人なのか」と思った。

kei600_17pt_re.jpg
そんな彼と、さいしょにふたりでお出かけしたのって

Hiroyo600_17pt_re.jpg
どこから、お互い意識するように?

kei600_17pt_re.jpg
そうそう、そこです。笑

megumi600_17pt_re.jpg
仕事中だとあんまり話ができないから、外で会いましょうっていうことになり、
なぜか待ち合わせが彼の家だった。

kei600_17pt_re.jpg
うふえ

Hiroyo600_17pt_re.jpg
おーいきなり!

megumi600_17pt_re.jpg
お、いきなりか!?と思ったけど、全くそんなことはなく、
私のバイクが停めやすいだろうというだけの配慮でしたが。

kei600_17pt_re.jpg
あははは笑

Hiroyo600_17pt_re.jpg
やさしい(笑)

megumi600_17pt_re.jpg
でも、ちゃんといろいろ話したのは、その時が初めてで、
彼もその当時、大学院の学生だったので、専攻のこととか、
なんかいろいろ話してるうちに、この人、いいなーと思ってね。
そして若くてびっくりした。
9歳年下だった。

kei600_17pt_re.jpg
え、そうなんですか!!

Hiroyo600_17pt_re.jpg
え?そうなんですね。

megumi600_17pt_re.jpg
そうなんだよ。当時、私が33だから、
彼は24とか?

Hiroyo600_17pt_re.jpg
若い!

megumi600_17pt_re.jpg
若いよね〜。
だからまあ、ないな、と思ったんだけどね。最初は。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
お付き合いはいつから?

megumi600_17pt_re.jpg
私の留学の期限が迫ってきて、
なんせ3カ月だけの予定だったので
「そろそろ帰るのか...でもぜんぜん英語がペラペラじゃない!」と。
で、いろいろ考えて、
まあ私もいろいろ考える時期だったというか、3カ月ハワイに住んでみて、
自分のこれからの人生、東京に帰って前みたいに働くのがいいとは思えなくなってきていて、

kei600_17pt_re.jpg
なるほど...

megumi600_17pt_re.jpg
これは人生の転機かもしれない、と思ったんです。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
そうですね!

megumi600_17pt_re.jpg
で、彼を呼び出し

kei600_17pt_re.jpg
おお!

megumi600_17pt_re.jpg
私はあなたと真剣にお付き合いしたいと思いますが、あなたはどうですか?と。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
おおー。ドキドキする、。

kei600_17pt_re.jpg
クライマックス!

megumi600_17pt_re.jpg
もしあなたにもその気があるなら、私はいったん日本に帰って、もう一度ハワイに戻ってきたいと思いますが、どうですか?と。

Hiroyo600_17pt_re.jpg
うんうん。

megumi600_17pt_re.jpg
あ、やばい終わるね!

kei600_17pt_re.jpg
あと30秒

Hiroyo600_17pt_re.jpg
ああークライマックスがー

megumi600_17pt_re.jpg
で、まあこう結婚までいっているので、お察しのとおり!

kei600_17pt_re.jpg
えええええええ

Hiroyo600_17pt_re.jpg
ええええ
終わり?

kei600_17pt_re.jpg
ハッピーエンド!

megumi600_17pt_re.jpg
続きはどこかでまた!

Hiroyo600_17pt_re.jpg
聞きたいことまだいっぱいあるんですけどー




● ● ● ● ●

☆みなさんのメールを大募集!


「私も外国人と結婚しました」という方や、「外国人の彼とつきあってます」という方、また、「いました」「つきあってました」の過去形でもOK! 「うちではこうです(した)」という、みなさんのコメントを大募集! また今回のチャットへのご意見、ツッコミ、「これについて聞きたい」というリクエスト、疑問・質問、なんでも結構です。

あなたのお名前(ペンネーム可)、コメントをお書き添えのうえ、メールの件名を【外国人ダンナ】とし、readers@aloha-street.com までメールをお送りください。

みなさんのコメント、お待ちしております〜!!!

● ● ● ● ●


【外国人のダンナと暮らしてます。】
これまでのチャットはこちら>>

スポンサーリンク