日刊ローカルニュース記事一覧

100名以上が米国市民権を取得

 オアフ島のミッション・メモリアル・オーディトリアムで17日(水)、新たに米国市...

2017年05月19日

 オアフ島のミッション・メモリアル・オーディトリアムで17日(水)、新たに米国市民権を取得した市民の宣誓式が行われ、100名以上が米国市民の仲間入りを果たした。
 米出入国管理局や移民税関審査局などによると、出入国に関する事案での逮捕件数は約40%増加しており、ハワイを含む全米各地で市民権の取得を希望する移民の人数が増加している。
 ホノルル市議の一部からは、ホノルル市を不法移民を容認する「サンクチュアリシティー(聖域都市)」とし、ホノルル市長やホノルル警察などに対し、国土安全保障省の移民税関執行局と連携する際に市の予算を使用しないことを求める活動を行っているものの、ホノルル市長とホノルル警察当局は、市当局が不法移民の取り締まりを積極的に行うことはないものの、連邦政府側から出される不法移民に対する逮捕等の要請があり、さらにその人物が犯罪に携わっている事案である場合には、連邦政府の要請に応じることになるとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

スポンサーリンク