ハワイの〈独立記念日向けの爆竹の供給量が減少/日刊ローカルニュース〉の連載ブログのことなら、アロハストリート

  1. TOP
  2. 日刊ローカルニュース
  3. 独立記念日向けの爆竹の供給量が減少
日刊ローカルニュース記事一覧

独立記念日向けの爆竹の供給量が減少

 7月4日の独立記念日を前に、オアフ島内で販売される爆竹の数が例年に比べて減少し...

2014年06月20日

 7月4日の独立記念日を前に、オアフ島内で販売される爆竹の数が例年に比べて減少していることが明らかになった。
 オアフ島チャイナタウンで唯一爆竹の販売を行っているボウ・ワウ貿易社関係者は「オアフ島で独立記念日の花火購入許可証の発行が行われるようになってから、2010年度の独立記念日に当店で使用された花火購入許可証の数は174枚でしたが、昨年は43枚で、年々人々は爆竹購入に対する興味を失っており、多くの店が爆竹の販売自体をやめてしまったりしています」と話し、需要の減少が爆竹の供給減につながっているとしている。
 市当局では、6月24日まで花火購入許可証を販売しており、希望者は許可証を25枚で購入することで、爆竹を5,000発まで購入することができる。

参考:KHON2

スポンサーリンク