ハワイの〈ラナイ島で小型機が墜落/日刊ローカルニュース〉の連載ブログのことなら、アロハストリート

  1. TOP
  2. 日刊ローカルニュース
  3. ラナイ島で小型機が墜落
日刊ローカルニュース記事一覧

ラナイ島で小型機が墜落

 昨日午後9時23分ごろ、ラナイ島のラナイ空港近くでパイロット1名とマウイ郡関係者5名の計6名が搭乗していた小型セスナ機が墜落する事故が発生し、パイロットを含む3名が死亡。残る3名のうち、2名が重体、1名が重症となって、オアフ島のクイーンズ病院に救急搬送された。 当局関係者は、墜落した小型セスナ機は昨夜9時過ぎにラナイ空港を離陸直後になんらかのトラブルによって墜落。墜落現場はラナイ空港から約1マイルほど離れた未舗装道路地区だったため、墜落現場の特定等に時間がかかったものの、最終的に、炎上した機体の煙と炎で墜落現場を特定することができたとしている。 墜落した小型セスナ機は、1993年にマウイ島で設立されたマウイ・エア社が所有している機体で、同社ではマウイ島を中心に、ハワイ島のキラウエア火山ツアーやチャーター便などを提供しているものの、過去に墜落事故を起こしたことはない。 なお、ラナイ空港は閉鎖されておらず、今後、警察当局や連邦当局などが事故現場に赴き、事故原因についての調査を行うとみられている。参考:ホノルル・スター・アドバタイザー...

2014年02月27日

 昨日午後9時23分ごろ、ラナイ島のラナイ空港近くでパイロット1名とマウイ郡関係者5名の計6名が搭乗していた小型セスナ機が墜落する事故が発生し、パイロットを含む3名が死亡。残る3名のうち、2名が重体、1名が重症となって、オアフ島のクイーンズ病院に救急搬送された。
 当局関係者は、墜落した小型セスナ機は昨夜9時過ぎにラナイ空港を離陸直後になんらかのトラブルによって墜落。墜落現場はラナイ空港から約1マイルほど離れた未舗装道路地区だったため、墜落現場の特定等に時間がかかったものの、最終的に、炎上した機体の煙と炎で墜落現場を特定することができたとしている。
 墜落した小型セスナ機は、1993年にマウイ島で設立されたマウイ・エア社が所有している機体で、同社ではマウイ島を中心に、ハワイ島のキラウエア火山ツアーやチャーター便などを提供しているものの、過去に墜落事故を起こしたことはない。
 なお、ラナイ空港は閉鎖されておらず、今後、警察当局や連邦当局などが事故現場に赴き、事故原因についての調査を行うとみられている。

スポンサーリンク