ハワイの〈市長が特定ビーチ等での禁煙法を承認/日刊ローカルニュース〉の連載ブログのことなら、アロハストリート

  1. TOP
  2. 日刊ローカルニュース
  3. 市長が特定ビーチ等での禁煙法を承認
日刊ローカルニュース記事一覧

市長が特定ビーチ等での禁煙法を承認

 ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は昨日、ホノルル市内の特定のビーチや公園での喫煙を禁止する禁煙法案を承認し法案が成立した。 即日施行となった禁煙法案では、オアフ島の人気観光スポットであるワイキキのデューク・カハナモク・ビーチ、クヒオ・ビーチ・パーク、アラモアナビーチやサンディビーチのほか、ホノルル動物園やワイキキシェルなどのあるカピオラニ公園などでの喫煙を禁止すると定めているものの、市当局側は、現時点ではアラモアナ・ビーチ・パーク以外はハワイ州の管轄となっており、州からの承認を受けるまでは、同法案の対象地区はアラモアナ・ビーチパークのみとなっているとしている。なお、州からの承認を得るまでには今後数ヶ月がかかるとみられている。 新禁煙法案では、対象地区で喫煙を行った場合に、初犯で$100、1年以内の2回目の違反をすると$200、さらに違反した場合には$500の罰金が科せられる。参考:ハワイ・ニュース・ナウ...

2013年04月09日

 ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は昨日、ホノルル市内の特定のビーチや公園での喫煙を禁止する禁煙法案を承認し法案が成立した。
 即日施行となった禁煙法案では、オアフ島の人気観光スポットであるワイキキのデューク・カハナモク・ビーチ、クヒオ・ビーチ・パーク、アラモアナビーチやサンディビーチのほか、ホノルル動物園やワイキキシェルなどのあるカピオラニ公園などでの喫煙を禁止すると定めているものの、市当局側は、現時点ではアラモアナ・ビーチ・パーク以外はハワイ州の管轄となっており、州からの承認を受けるまでは、同法案の対象地区はアラモアナ・ビーチパークのみとなっているとしている。なお、州からの承認を得るまでには今後数ヶ月がかかるとみられている。
 新禁煙法案では、対象地区で喫煙を行った場合に、初犯で$100、1年以内の2回目の違反をすると$200、さらに違反した場合には$500の罰金が科せられる。

スポンサーリンク