ハワイの〈ワイオリ・ティールームが存続の危機/日刊ローカルニュース〉の連載ブログのことなら、アロハストリート

  1. TOP
  2. 日刊ローカルニュース
  3. ワイオリ・ティールームが存続の危機
日刊ローカルニュース記事一覧

ワイオリ・ティールームが存続の危機

 オアフ島マノア地区で90年以上にわたって営業を行っているワイオリ・ティールーム...

2013年02月12日

 オアフ島マノア地区で90年以上にわたって営業を行っているワイオリ・ティールームが、存続の危機に直面していることが明らかになった。
 10年前からワイオリ・ティールームの営業を行っているブライアン・ジャウンク氏は「ワイオリ・ティールームの経営を請け負って10年の間に、光熱費、水道料金、食料品の値段、すべての経費が2倍となっており、今後、今のような経営を継続しいくのは困難だとの結論に至りました」と語り、賃貸契約が切れる11月に契約更新を行わない意向を示している。
 1922年に建設されたワイオリ・ティールームは、非営利団体のサルベーション・アーミー(救世軍)が所有しており、救世軍関係者は、ジャウンク氏との賃貸契約終了後に、新たな形でティールームの経営を継続させたいとしている。

スポンサーリンク