ハワイの〈大晦日の花火による空気汚染率がダウン/日刊ローカルニュース〉の連載ブログのことなら、アロハストリート

  1. TOP
  2. 日刊ローカルニュース
  3. 大晦日の花火による空気汚染率がダウン
日刊ローカルニュース記事一覧

大晦日の花火による空気汚染率がダウン

 ハワイ州保険局は、大晦日にオアフ島内で打ち上げられた花火による空気汚染率が前年...

2013年01月16日

 ハワイ州保険局は、大晦日にオアフ島内で打ち上げられた花火による空気汚染率が前年に比べてダウンしたと発表した。保険局では、ホノルル、パールシティ、サンドアイランド、カポレイのほか、カウアイ島のニウマルやマウイ島のキヘイなどで空気チェックを実施していた。
 毎年大晦日は、各地で多くの人が花火や爆竹で新年を祝うため、一時的に空気の状態が悪くなるものの、昨年の大晦日時の空気汚染率は国の基準を超えておらず、花火の影響をあまり受けていなかったことがわかった。花火や爆竹の煙は、喘息、肺気腫やそのほかの肺疾患を患っている市民には害となるため、毎年この時期に空気の状態のチェックが行われている。

スポンサーリンク