コレクションズ・オブ・ワイキキの楽しみ方記事一覧

モアナサーフライダーだから出会える逸品

ワイキキ最古のホテル「モアナサーフライダー」にあるショップだからこそ見つかる、ここだけの魅力あふれるアイテムがたくさん!

2017年01月09日

title.jpgアロハ! ケイです。

ワイキキの魅力といえば、ビーチリゾートというリラックスしたムード満天の中、老舗のラグジュアリーホテルや高級ブランド店にも気軽に立ち寄れることが、ひとつ挙げられますよね。

今回は、1901年創業とワイキキ最古のホテルでありながら、いまもそのエレガントで美しい佇まいが世界中の旅行者を魅了しつづけるモアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパへ。

編集部ヨリエに、ここだけのとっておきの逸品を教えてもらいました!



<ヴィヴィアン・ウエストウッド>
モアナ サーフライダー正面の車寄せ近く
[営業時間] 10:00〜22:00

vw1.jpgイギリス生まれのファッションブランドで、王冠と地球をモチーフにしたロゴが有名ですよね。

vw6.jpg

ヨリエ:こちらが日本でも人気の、ロゴモチーフのネックレス(小 $215/大 $310)。で・す・が、じつは日本では販売されていないピンクゴールドカラーなんです!レア感かなり高いですよ〜。

vw2.jpgヨリエ:コレクターなら喉から手が出るほど欲しい、ハワイ限定デザインのお洋服も。ハイビスカスとロゴ、「HONOLULU」がスタイリッシュにプリントされたTシャツ($135)は定番です。

vw3.jpgハワイ以外に住んでいる方は、Tシャツは着る季節が限られちゃうかもしれませんが、ポーチ($140)なら年中持ち歩けますね〜!

vw4.jpgヨリエ:ポーチの反対面はこんな風になっています。気分やファッションに合わせて持ち替えられますね。

vw5.jpgキャンバス素材で丈夫&大容量のトートバッグ($195)もありました。

さすがハワイ限定アイテム。ビーチにも、タウンにも使えるデザインがそろっています。



<マーティン&マッカーサー>
モアナ サーフライダー1階ロビー近く
[営業時間] 8:00〜22:00

mm1.jpg貴重なハワイ固有種の樹木「コア」を使用し、職人がひとつひとつ手作りしたジュエリーや時計を扱っています。ラグジュアリーなメイド・イン・ハワイ・ブランドとして、ギフトにも人気です。

mm22.jpg新作のスポーティなスクエアフェイス腕時計(写真右$650/コア製)、時計盤にマザー・オブ・パールが使われている腕時計(写真左$445/ローズウッド製)。

mm3.jpgヨリエ:コアの原木はとても固いことでも知られていますが、職人の手によってやわらかい曲線を画く、温かみのあるデザインに仕上げられています。女性の腕にもエレガントに馴染みますよ。

mm4.jpgヨリエ:そしてじつは、マーティン&マッカーサーには木製以外のアイテムもあるんです!こちらは新コレクションで、1点ずつハンドメイドのレザーバッグ($1,490)。

mm5.jpgエナメルコーティングのイタリアンレザーに、繊細なデザインが描かれたバッグ。

レザー用品を扱っているお店が少ないハワイでは、なかなかお目にかかれないスタイルですよね!



<リモワ>
モアナ サーフライダー1階タワーウイング、カラカウア大通り沿い
[営業時間] 9:00〜22:00

rimowa.jpgいまやセレブが持つスーツケースと言えば!のブランドですよね。モアナサーフライダー店は、ハワイ内で最大の直営ショップです。

r2.jpgヨリエ:リモワのスーツケースに使われている二大素材、頑丈なアルミニウムマグネシウム合金と、しなやかで軽量なポリカーボネイト。その両方の良いところを組み合わせたLimboシリーズ(写真は45リットルサイズ/$850)に、新しくクリーム色が登場しています。

r3.jpgヨリエ:ガッチリとした頑丈さもキープしつつ、やわらかい白の色合いがさわやかでステキです!軽くて、360度回転するタイヤが4つついているので、ストレスなく転がすことができます。

r5.jpg軽量なポリカーボネイト製ボディに、高級牛革の補強パーツがついたBossa Novaシリーズの新色。落ち着いた深い緑色のジェットグリーンに、ベージュのレザーがあしらわれています。(写真奥42リットルサイズ/$1,095、手前ビューティケース/$695)

r6.jpgヨリエ:ポリカーボネイトはもともと頑丈ですが、レザーが加わることでさらに耐久力がアップしています。使うごとに変わるレザーの風合いも楽しめて、より愛着のわく「旅のお供」になってくれそうですよね。



【お・ま・け】

mc2.jpgモアナサーフライダーのカラーであるベビーブルーと、ロイヤル ハワイアンピンクのテディベア(各$22)を発見!

「ウェルカム」のサインを持っていますが...?

ヨリエ:ワイキキの二大老舗ホテルのオリジナルグッズであるテディベアは、とくにハワイウエディングのカップルにとって定番のアイテム。こうして式やパーティの会場に飾るのが人気です。

mc1.jpgなるほど〜!なぜなら、テディベアたちが飾られていたのは、モアナサーフライダーの中にあるチャペル「ザ・モアナチャペル」だったから。

これから実際に挙式をするカップルが、この日のために用意したテディベアやウェルカムサインを、会場のスタッフが入り口にデコレーションしていたのです。

ヨリエ:チャペルはあらかじめウエディング用に決まった装飾がほどこされていることが多いので、自分たちならではのエッセンスが加えられるサービスは貴重です。しかも、このオーシャンビュー!唯一無二の、夢の結婚式が叶うスポットです。

ms1.jpgハワイの中でもここでしか手に入らないアイテムや、ひとつひとつ手作りの名品など、とっておきのショッピングが楽しめるのが、ラグジュアリーホテル・ショップの魅力。ワイキキ散策の際は、ホテルのショップで逸品探しをする、というのもおすすめですよ。




logo.gifコレクションズ・オブ・ワイキキ

⇒「シェラトン・ワイキキ」編
⇒「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」編
⇒「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」編
⇒「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」編

⇒オフィシャルサイトはこちら
⇒オフィシャル・ブログ・サイトはこちら
⇒オフィシャル・facebookはこちら

pic.gif

スポンサーリンク