【ハワイ総合情報サイト アロハストリート】ホテル、レストラン、レンタカー、ハワイのことなら何でもここに。オアフ島もハワイ島も、ハワイ移住も。


Title
第6回(最終回)「これからの私とフラ」
 体育会系フラはもういい。本当の意味で楽しくフラを踊りたい…そう思ってハワイに来ました。そんな時「ポン」と天から与えられたディナー・クルーズ「ナバテック」でのフラダンサーとしてのお仕事。ロコ・ダンサーや仕事仲間たちの素顔をご紹介しながら「ロコ風フラの楽しみ方」をこのコラムを通じて皆さんに伝えられたらいいなと思っています!
マリ・へイズ

 学習院大学卒。日本でフラを習い始め、キングカメハメハ・コンペティションなどの大会に出場。その時ハワイで本場のフラを目の当たりにし、ハワイでフラを学ぶことを決意。日本とハワイを行き来しながら、フラ・インストラクターを務める生活をする。ハワイでフラ留学中、ディナークルーズ船「アトランティス・クルーズ・ナバテック」のフラダンサーに抜擢され、現在はナバテックやパーティでプロのダンサーとして踊る傍ら、日本からの生徒に楽しくフラを教えている。ハワイ在住3年。

⇒マリ・ヘイズのホームページはこちら。:http://www.marihayes.com


■ロイヤル・ハワイアンでロコバンドと共演
 ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターで毎年開かれている「スプリング・フェスティバル」。そのゲスト・ダンサーとしてフラを踊ってまいりました~♪ そのステージでは、友だちのシンガー、KEAHI(ケアヒ)も一緒に歌を披露することに。彼女は今年で3年連続の参加です。

 当日はあいにくの雨がちのオアフ島。ショーはいつもの噴水前から屋根のあるステージに移動して行われました。がしかし、屋根はあるものの、吹き込む風が冷たくて…。
 でもそんな寒さは、踊っている時にはまったく感じなかったし、ケアヒの旦那様でありキーボード演奏のDan、ドラムのAdam、バスのSteveたちの演奏に、とってもウットリ~してしまいました。そして無事ステージは終了。観客の皆さんから拍手喝采をいただきうれしかった…けど、少し風邪気味だった私は、ステージの寒さに見事に風邪をひいてしまったのでした(笑)。

 終了後、観客の数人から「どこに行ったら君たちのショーが見れるのか?」とのありがたい質問が。でも、皆が一緒に共演するというのは今回が初めてだと答えると、とっても残念がられてしまった…。私自身も、もっと彼らの演奏&歌を聴いてみたいよー。これからもイベントなどで集まることがあるそうなので、それを期待して(^。^)♪

 しかし、こういったローカルのシンガーやバンドの人たちとの共演は本当に楽しい~!! 色んなシンガーとお仕事をするチャンスが与えられる中、人それぞれのペースや歌い方があり、それに合わせて踊るのがバラエティに富んでいて楽しいのデス。それにステージが終わった後には、必ずと言っていい程、温かいお褒めの言葉を頂戴できて、本当に人間的にも信頼できる人が多いのです★☆
 中でもケアヒは、信頼の出来るシンガーの一人。仕事以外にも、色々と話をすることが出来るんです。やっぱり、フラもそうだけど、歌にもその人の心が表れてしまうもの。この人の歌いいなーって思うと、本当にやさしくて良い人であることが多いですね。シンガーだから、ダンサーだからではなく、人間として、心をいつもきれいに保っていたいものですよね。
ハワイ
▲ロイヤル・ハワイアンSCで毎年行われている「スプリング・フェスティバル」

ハワイ
▲ロイヤル・ハワイアンのステージでの私たち。不思議と踊っている時は鼻水君もプロだわ。ちゃんと引っ込んでいました(笑)。

ハワイ
▲いつものお仕事後のパチリ。

■アラモアナ・センター・ステージにも登場!
 今回はゲスト出演続き。日本のハラウにゲストとして招かれ、アラモアナ・センター・ステージで踊って参りました~!! ルアナ中川先生率いる楽しい仲間たちさんと、ミュージシャン中村さんご夫妻。とっても、心温まるフラに、歌に、こちらの気持ちも和ませていただきました。

 まずは本番前のリハーサルに同席。演奏をハワイのミュージシャンに頼んだ為、踊りとあわせるのは今回が初めてとか。中川先生はとってもひかえめな方で、見ている私もとても気持ちが良かった。毎回、ミュージシャンが演奏する毎に「ありがとうございます。」と挨拶をするほど。
 ところが、ミュージシャンたちが「ハワイアン」(結構適当なところがある?)なので、前もって彼らに送っておいたテープ通りに練習をしておらず、「1曲演奏できない」という事実が発覚!! その時、ミュージシャンのひとりが「サウンドの人にテープを渡してかけてもらえば?」と…。
 あらあら、きっと、さぞお怒りのことでしょうと、先生の顔を見ると、その言葉をすんなり受け止め、文句も言わず納得をしていたではありませんか! これには、またまた感動な私でありました。本当に、アロハな心を持つ先生と一緒にステージで踊れたことを、心底うれしく思っています☆

 さて、このステージはホノルル・フェスティバルの一環で「日本とハワイの文化交流」が目的。私は日本代表Miss Kimono Japanとして、私の友達でもあるクリスタはMiss Aloha Hawaii(ミス・ビッグ・アイランド)として、違う国の代表のふたりが一緒のステージでフラを踊るということで、文化交流のほんの一端として貢献できたかなって思っています。
 日本に住んでいた頃から、生け花や着付け(この2つは一応、師範の免許があるんですよ~)、茶道もかじっていたし、日本文化は好きだったんです。でも、ハワイに移住してからは、日本を客観的に見直すことが出来て、さらに日本の文化を心から見直すようになって「和」の良さをしみじみ感じるようになりました。そんな所から、もっともっと、日本とハワイの文化交流の架け橋として、少しでも力になることができればうれしいな~と、強く思うようになった私でした♪
ハワイ
▲ルアナ先生たちの踊った「トゥトゥエ」。おばあさんの歌で振り付けもおもしろい!
ハワイ
▲このイベント撮影者が送って下さった写真。私の乱れ髪が気になりますけど…まぁ、いっか(笑)。
ハワイ
▲ホノルル・フェスティバルに出品されたミツヨさんにお呼ばれされ、参上~! 和キルトがすてきでした。
ハワイ
▲ホノルルフェスティバル会場で、来年のEXPOのキャラクターたちにバッタリ★

■これからの私とフラ
 今回で私のコラムも最後になりました。そこで、これからの私とフラについて…。

 フラは私にとって「親友」のひとりみたいなもの。私の周りからいなくなってしまうなんて考えられない存在かな。フラを踊っているだけで、自然に嫌なことも忘れさせてくれる。きっと、おばあちゃんになっても、ずっと一生、フラを学び続けているんだろうな~(笑)。

 本場ハワイで唯一の日本人フラダンサーとして働けているという経験から、その日本とは違う技術やアロハなフラを、生徒さんたちに(教えるという意識ではなく)「伝えて」 行きたい!って思っています。

 私の生徒さんの中には、そろそろプロとして羽ばたくって子がいるんですよ~! 楽しみぃ~!! プライベート・レッスンで、べったりと教えていたもんで、姉の様な気分になってしまうんですよね(笑)。レッスン以外にも、色々人生相談に乗ったりしているから、生徒たちが本当の妹のように、かわいく思えてしまうんですよ。

  そして、ハワイに在住し、日本を客観的に見られるからこそ実感できる日本文化の良さを、ここハワイに伝え、また、ここで実際体験しているハワイの良さを日本に伝えるという「ハワイと日本の架け橋」の一端となることができたらうれしいな~と、しみじみ心から思う私でした。

 今まで読んでくださった読者の方々、ありがとうございます(*^―^*)♪ ハワイのどこかでマリを見かけた際には、気軽に声をかけてくださいね!!
ハワイ
▲ナバテックから見たダイアモンドヘッド。

ハワイ


★このコラムへのご意見、ご感想はこちらまで。読んでくださって、ありがとうございました!!

公開日 : 2004年 3月 31日

Copyright © 2001-2012 Wincubic.com, Inc. All rights reserved.