【ハワイ総合情報サイト アロハストリート】ホテル、レストラン、レンタカー、ハワイのことなら何でもここに。オアフ島もハワイ島も、ハワイ移住も。


Title
第2回「ダンサーのクリスタは大学生」
 体育会系フラはもういい。本当の意味で楽しくフラを踊りたい…そう思ってハワイに来ました。そんな時「ポン」と天から与えられたディナー・クルーズ「ナバテック」でのフラダンサーとしてのお仕事。ロコ・ダンサーや仕事仲間たちの素顔をご紹介しながら「ロコ風フラの楽しみ方」をこのコラムを通じて皆さんに伝えられたらいいなと思っています!
マリ・へイズ

 学習院大学卒。日本でフラを習い始め、キングカメハメハ・コンペティションなどの大会に出場。その時ハワイで本場のフラを目の当たりにし、ハワイでフラを学ぶことを決意。日本とハワイを行き来しながら、フラ・インストラクターを務める生活をする。ハワイでフラ留学中、ディナークルーズ船「アトランティス・クルーズ・ナバテック」のフラダンサーに抜擢され、現在はナバテックやパーティでプロのダンサーとして踊る傍ら、日本からの生徒に楽しくフラを教えている。ハワイ在住3年。


■勉強と仕事の両立
 「今日何食べる~」って、ショーも始まる前から、食べ物の話で盛り上がるダンサーのクリスタと私。ディナークルーズという「夕食時に働いてる」私たちには、これはお決まりの話題のひとつになっているんです。2人とも「今日はお寿司!」っつうことで意気投合。「じゃあ、仕事終わったら旦那置いて…じゃなくて、連れて4人でお寿司食べに行く~?(笑)」って、盛り上がったりしています。  クリスタとは、ナバテックで働く前からのお友だちなので、スケジュールが一緒の時は本当に楽しい! 共通の話題もあるし、お互い慣れているからラクなんですよね。ゲップも気にしない仲だったりして(結構、外見と違って男らしい私たちなんです・笑)。
 そんな彼女ですが、実は立派な「大学生」でもあるんです。年は私とあまり変わらないんだけど、今も学校で勉強してるなんて、私の「脳に皺がない頭」は下がるばかり…。クリスタは将来カウンセラーになりたい、とサイコロジー(心理学)を専攻しています。就職する時、大学院を出ているのとそうでないのとでは、お給料が倍近く違うらしい。ということで、今年卒業して、少しバケーション取ってから、マスターに進むつもりだそうです。
 こんなふうに、ハワイには自分で働きながら大学に行っている人が多いと思います。高校を卒業したら、家を出て自分で部屋を借りて住むのが普通。そんな自立した考えの持ち主が多くて、この年になっていろいろと考えさせられる私です…。またフラについては、趣味の延長の仕事と捉えている人がほとんど。だから、ナバテックもいつも楽しい職場なんですね~、きっと。
img
▲2人の頭はもうお寿司モード。

img
▲ストレッチしながら勉強始めたよ、この人ったら。

■ビッグアイランドからの小さな訪問者
 次にクリスタの姪のカリアちゃま(5才)をご紹介しましょう。彼女のミドルネームは「kamakanamakamaemaikalani」という超長~いもの。ハワイ語で「the precious gift from the heavens(天からの大切な贈り物)」という意味だそう。その名の通りファミリーから本当に大事に愛されています。
 そんな彼女は実は8つの人種のミックスちゃん。チャイニーズ、スパニッシュ、フィリピーノ、イングリッシュ、アイリッシュ、ハワイアン、ジャパニーズ、ポルチュギース。すごいですよねー。さすが、ハワイ!って感じの混ざり具合だと思いませんか。うん、どうりでかわいいと思ったわ…。
 さて、そのカリアちゃまがビッグ・アイランドからオアフ島に1人で遊びに来ました。そしてクリスタが大学に行っている間、私がカリアのベビーシッターをすることに。最初は「人見知りなのかしら?」って思うくらいおとなしかったんだけど、それは最初の10分だけ…。いつの間にか「遊びのボス」となっていました(笑)。その指導に「OK」「YES」と言って従い、結構、真剣に楽しんでしまった私…。そんな私にカリアは日本語で「ガンバッテ!」と(笑)。うちに来る前に日本語を少し習って来たらしい。しかし、子どもは遊びの天才ですよね~。大人みたいに色々な社会の常識とかに揉まれていないからかな。子どもの想像力は絶大だ~!
img
▲カリアちゃま。もらった蝶と一緒にポーズ。


■クリスマスショーに向けてのリハーサル
 12月から1カ月間、ナバテックで開かれるクリスマスショー。その為に、今日はダンサーの1人のコンドミニアムのコミュニティ・ルームで練習をすることに。ポットラックで、皆1品ずつ持ち寄ってのランチをしてからのスタート。すっかりお腹もいっぱいになって「えーっと、何しに来たんだっけ?」っていう誰かの一言から、ようやく練習が始まりました(笑)。
 クリスマスソングの定番である「ホワイト・クリスマス」、「ルドルフ(真っ赤なお鼻のトナカイ)」、「メレ・カリキマカ」を一気に練習。昔は、1度に何曲習ってもちゃんとすぐ覚えられた私だったけど、年のせいか覚えが悪くなってきてるように感じる(笑)。家でちゃんと復習しなきゃ…。
 練習が一段落した後は、コンドミニアムのプールやジャグジーですっかりリラックス。すると皆の練習を見ていたカリアが急に「フラ踊ってあげてもいいよ」って言い出して歌いながらフラを踊り始めました。彼女は、ビッグ・アイランドのジョニー・ラム・ホーのハラウに入っているフラ・シスター。どうやらそこでも、リーダーシップ発揮しているらしい。
 踊り終わったら、私の横に来てそっと耳打ちするように「アンティまり!『ロロ』ってどういう意味だか知ってる~?」って聞いてくる彼女に、一瞬止まった私でしたが(というのは、クレージーという意味だから)、何と言ったらいいか思い付かず、きちんと答えてしまいました。そうしたら、その答えに大喜びして、ケラケラ笑いころげていました。
img
▲ナバテックのクリスマスショーに見に来てね!

 最近「コラムを見ました~」と気軽に声をかけてくださる方が多くなりました。日本で生徒さんだった方がこのコラム見て、私のスケジュールにあわせて乗りにきてくれたことも。久しぶりの再会に2人で「ワーイ!」って、そのまま仕事終わってから直行でお出かけしちゃいました(笑)。フラを通してたくさんの人と出会えたり、思いがけない再会があったりってとても幸せです。
  一緒に楽しくフラを習ってみたい方、フリーでフラ踊っていきたいな~って方、そんな仲間が欲しいって方など、ぜひご連絡くださいね。お互いにアドバイス、意見交換しあえたらうれしいです。待ってマース。


★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!


Copyright © 2001-2012 Wincubic.com, Inc. All rights reserved.